新車の値引きのコツ!上手な交渉法

新車は安い買い物ではありませんよね。少しでも安く購入したいというのが多くの方の共通の想いかと思われますが、その為にも必要不可欠になるのが値引き交渉です。そして交渉を上手に行う為のコツがありますのでご紹介します。
まず、新車を購入するからといって強気に出てしまわないように注意が必要です。「車を買ってやる」という上からの目線ですと営業スタッフからの印象が悪くなってしまう事があります。「この客は面倒だな・・」と感じさせてしまうと値引きも上手くいかなくなってしまいます。営業スタッフも人間ですので、不快な気持ちにさせてしまうと購入する側にとってもマイナスになってしまうのです。「このお客さんは大切にしたい」と感じさせる事が大切ですので、横柄な態度にならないように注意した方が良いでしょう。
店長を交渉に巻き込むのもポイントです。まず、営業スタッフにはある程度の裁量が任されています。その為、営業スタッフに相談する事によって安くしてくれる事もあるのですが、ただ、新人の営業スタッフだったりするとあまり値引きの裁量が大きくありません。裁量を超えて安くしてもらう事は難しいという事もあり、いくら相談してもそれ以上は安くならない事があるのです。しかしながら、「店長に掛け合ってもらう事はできませんか?」と店長を巻き込む事によってさらに安くなる事もあるのです。つまり交渉相手は目の前の営業スタッフだけでなく、その販売店のボスである店長も意識してみた方が良いと言えます。
他の販売店と競合させるのも外せないポイントです。やはりどこの販売店も自分のお店で買って欲しいという気持ちがありますので、他の販売店の存在をちらつかせる事によって競ってくれる事があります。その為、他の販売店でも見積もりをもらって競合させるようにした方が良いと言えます。
その際には交渉をしているお店で購入したいという意思を見せる事が大切です。「きっとあっちの販売店がメインだろうな」と感じさせてしまうと、値引きが厳しくなってしまう事があります。「もうちょっと安くすればこっちで買ってくれるかもしれない」と感じさせる事が大切ですので、購入したい気持ちをきちんと見せるようにしましょう。
その他にもオプションに関して値引きを求めるという手もあります。車両本体価格ばかり安くしてもらう事に必死になってしまうものですが、安くしてもらえる上限は限界があります。しかしながらオプションならさらに安くできる事もありますので、車両本体価格ばかりに注目しない方が良いでしょう。

更新履歴